ペットが亡くなったらどうすればいいの?葬儀方法と費用について


どうも、管理人のネコ丸です。

 

癒やされたこと、困らせられたこと。

たくさんの思い出をくれたペットが亡くなってしまった今、あなたはとても動揺して悲しみにくれていることでしょう。

でも、そのままにしておけばペットのためにも、あなたのためにも良くありません。

一刻も早く弔ってあげる必要があります。

 

ペットの葬儀方法には、大きく分けて3つあります。

どれを選ぶかは時間や費用、居住環境によって変わってきます。

後々、後悔しないためにも、どれがベストなのか慎重に決めましょう。

猫の場合になりますが、葬儀を迎える前の遺体の清め方と安置方法について解説しています。こちらをご覧ください。
⇒ 愛猫の死…どうすればいいの?遺体の清め方と安置・保存方法


スポンサーリンク

ペットの弔い方3つ

質問者の女の子
うちの猫が亡くなって、お葬式をあげてあげたいんだけど…
ネコ丸
ただ埋葬するだけというものから、人と同じようにきちんと葬儀をあげる方法があるよ

 

ペットの弔い方には次の3つがあります。

  1. 自宅に埋葬する
  2. 自治体で火葬してもらう
  3. ペット霊園に依頼する

1.自宅に埋葬する

私有地をお持ちのご家庭なら、ご自宅の庭に埋葬できます。

ただし自治体によっては規制されているところもあるので、必ず確認しましょう。

他にも感染症で亡くなった場合は、衛生的な問題で埋葬することができません

 

自宅に埋葬するメリットは…

  • 費用がほぼかからない
  • 死後も常にそばにいるとこが出来る

ということです。

 

埋葬の仕方は次のとおりです。

1.ペットの遺体を棺に入れる

棺はダンボールや木箱などの土に還るものを選びます。

同様に、遺体を包む布も土に還る天然繊維(綿・麻・羊毛・絹など)のものを選びます。

化学繊維(ポリエステル・ナイロン・アクリルなど)はダメですよ。

2.埋葬場所を決めて穴を掘る

埋葬する場所は所有地ならどこでも良いのですが、人が通らない静かな場所がおすすめです。

 

場所を決めたら穴を掘ります。

浅いと他の動物などに掘り返されたりするので、出来るだけ深く掘りましょう。

3.棺を埋める

穴の底に棺を置いて、こんもりと盛り上がるぐらい土をかけます。

土が足りない時はホームセンターとかで買ってきましょう。

 

後は目印になるように、石をおいたり花を供えます。

石は普通の大きめの石でも良いんですが、ペット用の墓石を用意してあげると良いですね。

名前と写真、イラスト、生存年月などを刻むことができ、ネットでも注文できます。

お値段は5,000~3万円ほどかかります。

猫 墓石

2.自治体で火葬してもらう

お住みになっている自治体に、ペットを火葬してもらいます。

 

自治体で火葬してもらうメリットは…

  • 費用が安い
  • 自宅まで引き取りに来てくれる

ことです。

 

費用は1,500~3,000円かかります。

ただし、自治体によって対応がマチマチなので注意が必要です。

  • 火葬だけして遺灰を埋め立ててしまうところ
  • 契約しているペット霊園で合同火葬するところ
  • 遺灰を返却してくれるところ

予め確認して、気に入らなければペット霊園などに頼んだほうが良いですね。

まずは役所か保健所に相談しましょう。


スポンサーリンク

3.ペット霊園に依頼する

民間のペット専門葬儀業者、ペット霊園に葬儀を依頼します。

ペット霊園に依頼すれば火葬から納骨、供養まで、一通りやってくれます。

ただしその分、費用は他の二つよりかかってしまいます。

 

ペット霊園の火葬方法には次の3つがあります。

合同火葬

他のペットと一緒に火葬されます。

一緒になってしまうので、遺灰・遺骨は引き取れません。

費用は1~2万円です。

個別火葬

ペットを一体ずつ火葬します。

遺灰・遺骨も持ち帰ることが出来ます。

お値段は猫・小型犬なら15,000~20,000円、中~大型犬なら20,000~35,000円です。

立会火葬

個別火葬に立ち会うことが出来ます。

その場でお骨拾い上げをして、持ち帰ります。

お値段は個別火葬の費用+3,000~5,000円です。

 

こちらは猫の火葬の動画です。元々捨て猫だったんでしょうか?
⇒ スズちゃんの火葬

 

ペット霊園はいろいろあるんですが、それぞれサービス内容が違ってきます。

  • 仏教や西洋などスタイルの違い
  • 僧侶の読経
  • 専用の墓所・納骨堂

 

専用の墓所は年間5,000~10,000円必要になります。

業者が責任をもって管理・供養をしてくれる永代供養の場合は、15万~35万円かかります。

 

お墓まで必要ないという方は納骨堂に遺骨を納めてもいいでしょう。

納骨堂はサイズによってお値段が変わってきます。

年間2,000~6,000円。

永代の場合は3万~11万円というところです。

遺骨以外にもおもちゃやお花を供えたい!という方は、大きめのサイズを選ぶといいですよ。

 

ペット霊園を利用する人は年々増えているのですが、同時に悪徳業者によるトラブルも増えています

  • 火葬した後に多額の料金を請求された
  • 遺骨を捨てられて返却されなかった

ペットを亡くして動揺している心の隙を突く、非常に卑劣な犯罪行為です。

こんな悪徳業者にだまされないためにも、ペット霊園を選ぶときには次の3つを実践しましょう。

1.経験者に相談する

やはり実際にペット霊園を利用した人に相談するのが一番です。

知人に相談するのが一番ですが、近くにいなければ動物病院で獣医さんに相談するのもいいでしょう。

Yahoo!知恵袋などネットで相談するのもありですが、あまり信用しすぎないでください。

2.複数の業者を当たってみる

業者によって値段もサービスもさまざまですが、大まかな相場を知ることが出来ます。

そして、実際に電話していろいろ質問することで、どんな対応をするのかも確認します。

いい加減な対応のところは避けたほうがいいでしょうね。

3.契約を書面に残す

事前に何をやってもらって、総額がいくらになるのか、それを書面で残しておけば安心です。

トラブルの発端は曖昧な契約で「言った、言わない」と明確に確認が取れないことです。

めんどくさがらずに契約書をよく読み込んで、不明な点は必ず確認するようにしましょうね。

 

質問者の女の子
気持ち的にはペット霊園がいいんだけど、いろいろと面倒そうだよね…
ネコ丸
どんな形で弔うにしても、最期まで見送ってあげることが大切だね

ペットの葬儀が終わったら、供養をしてたまに思い出してあげるといいですね。供養の方法をこちらでご紹介しています。
⇒ ペットの供養は必要なの?必要な理由と3つの供養方法

まとめ

時間も費用もないのでサッと済ませてしまいたいというなら、自宅に埋葬するか自治体に頼むのが一番です。

ですが、可愛がっていたペットの死をあっさりと済ませてしまうのは、あなたにとっても苦痛ではないでしょうか。

ペット霊園なら手厚く弔ってくれますが、それなりの費用は覚悟しないといけません。

 

どちらにせよ、あとはあなたの気持ち次第です。

あなたの納得の行く方法が、亡くなったペットにとっても一番ではないでしょうか。


スポンサーリンク

お役に立ちましたか?

お役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。

今後も猫に関するお役立ち情報をお届けできますように頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログへ

みんなが知りたい猫のお悩み記事

★★第1位★★
猫をケージに入れるのはかわいそう?
必要な場合と嫌がる気持ち


★★第2位★★
猫がゴキブリを食べてる!病気は!?
食べたら危険な生物と寄生虫


★★第3位★★
猫だけの留守番って寂しいんじゃないの?
留守番の限界と注意点


★★第4位★★
猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?
簡単で失敗しないコツ


★★第5位★★
猫の下痢が治らない!対策はない!?
これで大丈夫!3つの対処法


★★第6位★★
猫の下痢が続いているの!原因は何!
考えられる5つの原因


★★第7位★★
飼いやすい猫の種類はどれなの?
飼いやすい猫の選び方5つの基準


★★第8位★★
猫の鳴き声で気持ちが解るの?
鳴き方から知る感情と種類いろいろ


★★第9位★★
猫が脱走して帰ってこないの!どうしよう!?
探し方の3つのコツ


★★第10位★★
猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?
必要な理由と上手なやり方


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(Japanese text only)

サブコンテンツ

このページの先頭へ