猫の病気が妊婦に感染すると危険なのはホント?真実と対策について


どうも、管理人のネコ丸です。

 

「妊婦は猫に近づくな」

そんな言葉を聞いたことはないでしょうか?

これは妊娠中の女性に猫の病気が感染することで、胎児に悪影響が出ることを懸念しているんですね。

悪影響とは流産をしたり、奇形児が生まれたりすることです。

猫が好きなのに近づけない、心配して手放したという人もいるようです。

 

これが本当ならとても憂慮すべきことなんですが、実際はどうなんでしょうか?

感染に対する対策についても合わせて説明しますね。


スポンサーリンク

感染の危険はほとんどなし?

質問者の女性
猫を飼ってるんだけど、妊娠中だから近づくなって…どうしてだろう?
ネコ丸
猫から人に感染する病気はあるけど、妊娠中と限定する根拠はないね

 

猫から人に感染する病気で、要注意とされている病気が「トキソプラズマ症」です。

トキソプラズマ症は感染した生肉を食べたり、卵(オーシスト)を含む糞便から感染します。

症状はリンパ節が腫れたり、軽い発熱などの体調不良に襲われる程度です。

 

結論から言ってしまうと、トキソプラズマ症に感染して胎児に影響した例はほとんどありません。

それに猫がトキソプラズマ症に感染するのは、他の猫の糞便を介したり、感染した生肉を食べたりした場合。

ですから、他の猫と接触のない室内飼いの猫なら、ほとんど感染を心配する必要はないでしょう。

 

でも、ほとんど例がないとは言え、万に一つということも考えられます。

妊娠中である・なしにかかわらず、猫の病気への感染症については、十分注意しておくべきです。

トキソプラズマ症以外の感染症については、こちらで詳しく説明しています。
⇒ 猫から人間に病気がうつるって本当なの?症状と日頃の予防法

 

質問者の女性
胎児には影響なさそうだから一安心だけど…それでも心配するにこしたことはないよね
ネコ丸
そうだね。ちょっと気をつけていれば、まったく近づいたらダメということはないよ


スポンサーリンク

感染しないためには?

質問者の女性
トキソプラズマ症は感染源がわかっているから、ちょっと気をつけていれば良さそうだけど…
ネコ丸
猫に噛まれたり引っ掻かれたりして感染するものじゃないから、意識していれば心配はないよ

 

キソプラズマ症に感染しないために注意したいことは、やはり猫のうんちの取り扱いです。

猫がトキソプラズマ症に感染すると、初感染時のみ糞便にオーシスト(卵)を1~3週間出し続けます。

そのオーシストが外気に触れて1~5日経つと、感染能力を持つわけです。

つまり、感染しないためには、うんちを毎日こまめに掃除して、感染能力を持つオーシストが付いた糞便に触れなければ良いわけですね。

 

ちなみに、トキソプラズマ症に感染した猫の症状は、外見上には変化が見られません。

たまに軽い下痢などが見られますが、ハッキリとトキソプラズマ症と気づくことは不可能でしょう。

普段より下痢が多いな~と感じたら、もしかして?と意識するしかないですね。

うんちを掃除する時は必ず手袋をすること。

その手袋は使い捨てのビニール手袋なんかを使って、使用後は必ず捨てるようにします。

そして、掃除が終わったらキレイに石鹸で手と手首を洗いましょう。

殺菌することが重要です。

 

他には生肉を食べないで、十分加熱すること。

念のためまな板・包丁を殺菌しておきましょう。

 

そもそも、完全室内飼いの猫なら、それほど用心しなくてもかまいません。

ですが、庭に野良猫が来ていたらどうでしょう。

その野良猫がトキソプラズマ症に感染していて庭にうんちをしていたとしたら…

感染した土壌は1年ほど感染能力を維持することもあります。

 

その場合でも、手袋をすることと手洗いを徹底することで、十分感染を防ぐことは可能です。

あとは、採った野菜をキレイに洗うことでしょうか。

それでも不安なら、妊娠中は家庭菜園を止めておくことですね。

 

基本的に衛生に気をつけることで、トキソプラズマ症の感染は防ぐことができますよ。

 

質問者の女性
この程度なら普段からやってるから、負担はないかな?
ネコ丸
もしやってなかったら、これを機会に衛生に気をつけるようにしていくといいね

まとめ

トキソプラズマ症の感染は完全室内飼いの猫なら、必要以上に気にする必要はありません。

もし心配なら、猫も人も病院でトキソプラズマの抗体があるかどうか、調べることができます。

5000円もあればお釣りが来るでしょう。

 

情緒不安定な妊婦さんにとって、猫は重要な癒やしの存在です。

過剰な接触は避けたほうがいいですが、衛生に気を付けて猫と触れ合っていきましょう。


スポンサーリンク

お役に立ちましたか?

お役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。

今後も猫に関するお役立ち情報をお届けできますように頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログへ

みんなが知りたい猫のお悩み記事

★★第1位★★
猫をケージに入れるのはかわいそう?
必要な場合と嫌がる気持ち


★★第2位★★
猫がゴキブリを食べてる!病気は!?
食べたら危険な生物と寄生虫


★★第3位★★
猫だけの留守番って寂しいんじゃないの?
留守番の限界と注意点


★★第4位★★
猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?
簡単で失敗しないコツ


★★第5位★★
猫の下痢が治らない!対策はない!?
これで大丈夫!3つの対処法


★★第6位★★
猫の下痢が続いているの!原因は何!
考えられる5つの原因


★★第7位★★
飼いやすい猫の種類はどれなの?
飼いやすい猫の選び方5つの基準


★★第8位★★
猫の鳴き声で気持ちが解るの?
鳴き方から知る感情と種類いろいろ


★★第9位★★
猫が脱走して帰ってこないの!どうしよう!?
探し方の3つのコツ


★★第10位★★
猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?
必要な理由と上手なやり方


サブコンテンツ

このページの先頭へ