猫のあごに黒いブツブツが!これってニキビ?簡単な取り方と治療


どうも、管理人のネコ丸です。

 

猫のあごをよく見てみると、何やら黒いブツブツが…

これってニキビ(アクネやざそうとも言う)なんですね。

 

「猫でもニキビが出来るの!?」

初めて知った時には驚いたもんですが、猫がかかる皮膚病としてはよくあるものだそうです。

 

ニキビなら放っといても大丈夫かと思うかもしれませんが、悪化しないうちに治療することをおすすめします。

放っておくと炎症して赤く腫れて、かゆみが出てきます。

かゆいので掻いたら出血して、痛みに変わります。

さらには脱毛状態になる場合もあります。

 

そうならないためにも、猫のあごはきちんとお手入れして、黒いブツブツを綺麗にとっておきましょう。

猫ニキビの原因と取り方、治療法について詳しく説明しますね。


スポンサーリンク

猫ニキビの原因

質問者の男性
猫のニキビってあごにできるんだね。なんであごにできるんだろ?
ネコ丸
猫は毛づくろいで全身を綺麗にするんだけど、あごは毛づくろいがしづらい上に、汚れやすい場所でもあるからだよ

 

猫のあごは食事の汚れやヨダレが付きやすく、意外と不衛生。

猫の舌も届かないので、前脚に唾液を付けてこすらなければ、毛づくろいが出来ません。

そんな意外と汚ない猫のあごですから細菌も感染しやすく、ニキビになりやすいんですね。

 

他に考えられる原因としては…

  • プラスチック容器(雑菌が繁殖しやすいから)
  • ストレスによるもの
  • ニキビダニが寄生している
  • ホルモンバランスの乱れ(去勢・避妊手術後や投薬)
  • キャットフードの品質が悪い(タンパク質が不足しているなど)

などがあります。

 

ネコ丸
体質的にニキビが出来やすい猫ちゃんもいるよ


スポンサーリンク

猫ニキビの取り方

質問者の男性
ニキビとはいえ、やっぱり綺麗に取ってあげたほうがいいよね。病院に連れていくべきかな?
ネコ丸
症状が軽いうちなら、自宅でお手入れすれば大丈夫だよ

 

あまり目立たないくらいの黒いブツブツなら、次のような方法で取ってあげましょう。

 

柔らかい歯ブラシで、直接皮膚に当たらないように、そっと毛並みにそってブラッシングするようにといてあげます。

歯ブラシの代わりにノミ取り用のコームを使ってもいいですね。

こちらは歯間ブラシを使って、猫ニキビを取っている動画です。これは良さそうですね^^
⇒ ねこニキビの取り方2

 

上の方法で取りにくいなら、次のような方法を試してください。

 

水やぬるま湯で湿らせたカーゼ(またはコットン)で、拭いてあげます。

あごを上から下へ、唇を中心から外へ拭き取ります。

乾燥して取りにくいなら、水を多めに含ませて拭くと取りやすいです。

拭いた後は濡れたままにしないで、水分をしっかり拭き取って乾かすことを忘れずに。

 

ネコ丸
赤くなって炎症している、触ると凹凸を感じるなど、明らかにニキビとわかるようなら、病院に連れていって診察を受けよう

猫 掻く

猫ニキビの治療法

質問者の男性
やっぱりニキビの治療で病院に連れていくのも大げさな気がするんだけど…
ネコ丸
いったんニキビが出来てしまうとなかなか治らないし、薬など猫用のものを出してもらわないといけないから、やっぱり連れていったほうがいいよ

 

猫ニキビを治すために病院に連れていくと、抗生剤の塗り薬を処方してもらうことが多いです。

ただ、効果が弱いといつまでたっても治りませんし、効果が強いと毛が抜け落ちることもあります。

1~2週間くらいは経過観察が必要ですが、合っていないと思ったらすぐに中止して、もう一度診察を受けるようにしましょう。

 

抗生剤の塗り薬と一緒に、薬用シャンプーでシャンプーをするように言われる場合もあります。

あごだけでいいので、薬用シャンプーで皮脂をしっかり落としてあげます。

回数は週2~3回が一般的ですが、獣医さんに確認するようにしましょう。

こちらは猫のあごだけシャンプーしている動画です。これだけ大人しかったらやりやすいんですが^^;
⇒ チョビのアゴシャンプー(猫のアクネ対策)

 

これでほぼ治るはずですが、治らないとなると他に原因があるのかもしれません。

  • キャットフードを良い物に変える
  • エサ入れの材質を変えて、あごにカスが付かないように深めにする
  • イソジンのきず薬を5~10倍に薄めて拭く

 

なかなか治らなどころか、余計に広がってしまう場合もあります。

いろいろ試すのもいいですが、焦らないで気長に治療していくのも大事ですよ。

 

ネコ丸
治ったと思っても、また再発する猫ちゃんもいるから、油断はできないよ

まとめ

猫ニキビを予防するには、やはり清潔にしておくのが一番です。

カーゼやコットン、蒸しタオルなどであごの汚れや黒いブツブツを毎日拭いてあげます。

出来れば食事の後、毎回拭いてあげるのがいいですね。

 

なかなか目立ちにくいところなので忘れがちですが、忘れずにお手入れしてあげてくださいね。


スポンサーリンク

お役に立ちましたか?

お役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。

今後も猫に関するお役立ち情報をお届けできますように頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログへ

みんなが知りたい猫のお悩み記事

★★第1位★★
猫をケージに入れるのはかわいそう?
必要な場合と嫌がる気持ち


★★第2位★★
猫がゴキブリを食べてる!病気は!?
食べたら危険な生物と寄生虫


★★第3位★★
猫だけの留守番って寂しいんじゃないの?
留守番の限界と注意点


★★第4位★★
猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?
簡単で失敗しないコツ


★★第5位★★
猫の下痢が治らない!対策はない!?
これで大丈夫!3つの対処法


★★第6位★★
猫の下痢が続いているの!原因は何!
考えられる5つの原因


★★第7位★★
飼いやすい猫の種類はどれなの?
飼いやすい猫の選び方5つの基準


★★第8位★★
猫の鳴き声で気持ちが解るの?
鳴き方から知る感情と種類いろいろ


★★第9位★★
猫が脱走して帰ってこないの!どうしよう!?
探し方の3つのコツ


★★第10位★★
猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?
必要な理由と上手なやり方


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(Japanese text only)

サブコンテンツ

このページの先頭へ