猫が風邪をひいたみたい!どう対処すればいいの!?治し方と予防


どうも、管理人のネコ丸です。

 

「猫が風邪をひいたみたいなんだけど、どうしよう…」

僕としては出来ればすぐにでも動物病院に連れていって欲しいんですが、時間がない、病院が休みなどで連れていけない場合もあると思います。

また、症状が軽ければ自然治癒できる場合もあります。

 

  • 猫風邪の治し方は?
  • 猫風邪を予防するには?

詳しく説明しますね。

猫風邪のサインと症状、原因については、こちらで詳しく説明しています。
⇒ 猫がくしゃみをよくするの!もしかして風邪?サインと症状・原因


スポンサーリンク

猫風邪の治し方は?

質問者の女性
猫が風邪をひいたみたいなんだけど、食欲はあるし、元気そうなんだけど…
ネコ丸
今は元気そうでも悪化すると大変なことになるよ。今すぐ行けないなら、取り敢えず悪化しないように対処しないとね

 

 

まず、栄養を十分に取らせます。

栄養があって、食べやすくて、消化の良いもの。

ちょっと高級な猫缶なんてどうでしょう?

もし食欲が無いようなら、猫ミルクを入れたり、ドライフードをふやかしてみたりしてください。

子猫の離乳食のような感じですね。

いろいろ試してみてください。

 

脱水症状にならないように、水分補給も重要です。

もし水を飲まなかったら、針のない注射器で口の隙間から舐めさせるように注入してあげます。

 

次に猫の顔を清潔にします。

目やにや鼻汁を綺麗にしてあげてください。

拭きとってもすぐに出てくるでしょうけど、マメに綺麗に拭き取ってあげてくださいね。

なお、目やにや鼻汁を触った手は、すぐに洗うようにしてください。

猫風邪はうつらなくても、結膜炎はうつる可能性があります。

 

多頭飼いの場合は、ケージなどにいれて他の猫に絶対に近づけさせないでください。

下手をすると集団感染してしまいます。

外にも絶対出さないでください。

こちらの動画はウイルス性の風邪にかかってしまった猫ちゃんです。とても痛々しいです…
⇒ 2015年1月19日号イチ師匠最新情報【ウイルス性の風邪にかかってしまった】

 

病院に連れていけるようになったら、すぐに連れていってください。

 

病院では注射をしてもらい、抗生物質や抗ウイルス剤などをもらいます。

薬は猫風邪の種類によって変わってきます。

猫風邪には、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア症の3種類があります。通販でもそれぞれに対応した薬を買えますが、確実性が無ければやめておきましょう。

結膜炎や角膜炎をおこしている場合は、目薬ももらいます。

 

投薬と食事療法をしっかり続けていれば、2週間もすればほぼ治るでしょう。

ただ、まれに中々治らない猫ちゃんもいます。

治るまで2ヶ月かかったという場合もあります。

それでも投薬と食事療法を続けるしか、僕達に出来ることはありません。

 

また、猫風邪は完治することは難しいです。

ウイルスは潜伏したままで、治ったと思っても再発する可能性があります。

薬はなくなるまで全部飲ませて、しばらくは様子を見るようにしましょう。

猫に薬を飲ませる方法については、こちらで詳しく説明しています。
⇒ 猫が薬を飲んでくれない!どうしよう?種類ごとの上手な飲ませ方

 

気になる治療費は、動物病院によってかなり開きはあるんですが、3,000~5,000円くらいが相場です。

おそらく2週間ぶんの薬をもらえますが、長引くとさらに治療費もかかります。

場合によっては入院が必要になる時もあって、2~3日入院すると2~3万円かかります。

 

質問者の女性
猫風邪って一度ひくと大変なんだね。つきっきりで看病しないと…
ネコ丸
猫風邪にならないように予防するのが一番だね


スポンサーリンク

猫風邪を予防するには?

質問者の女性
猫風邪を予防するにはどうすればいいの?
ネコ丸
ウイルスに接触させないか、免疫をつければいいよ

 

猫風邪のウイルスに接触させないためには次のことを守ってください。

  • 猫を外に出さない
  • 猫を触る時は手を洗って、服を着替える

外に出さないのは他の感染した猫と接触しないため。

手を洗う、服を着替えるのは、付着しているウイルスを猫につけないためです。

 

また、年に1回ワクチンの接種はやっておきましょう。

猫風邪にかかったとしても、重症になることはないでしょう。

ワクチンの接種については、こちらで詳しく説明しています。
⇒ 室内飼いの猫にワクチン接種は必要?必要な理由とおすすめの時期

まとめ:早期治療と予防が大事

猫風邪は一度なるとほんとうに大変です。

猫ちゃんはもちろん、飼い主であるあなたも目が離せないでしょう。

 

「症状が軽いからまだ大丈夫か」

そう思っている間に、猫風邪はドンドン進行しています。

手遅れにならないうちに、病院で見てもらってくださいね。


スポンサーリンク

 

お役に立ちましたか?

お役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。

今後も猫に関するお役立ち情報をお届けできますように頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログへ

みんなが知りたい猫のお悩み記事

★★第1位★★
猫をケージに入れるのはかわいそう?
必要な場合と嫌がる気持ち


★★第2位★★
猫がゴキブリを食べてる!病気は!?
食べたら危険な生物と寄生虫


★★第3位★★
猫だけの留守番って寂しいんじゃないの?
留守番の限界と注意点


★★第4位★★
猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?
簡単で失敗しないコツ


★★第5位★★
猫の下痢が治らない!対策はない!?
これで大丈夫!3つの対処法


★★第6位★★
猫の下痢が続いているの!原因は何!
考えられる5つの原因


★★第7位★★
飼いやすい猫の種類はどれなの?
飼いやすい猫の選び方5つの基準


★★第8位★★
猫の鳴き声で気持ちが解るの?
鳴き方から知る感情と種類いろいろ


★★第9位★★
猫が脱走して帰ってこないの!どうしよう!?
探し方の3つのコツ


★★第10位★★
猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?
必要な理由と上手なやり方


サブコンテンツ

このページの先頭へ