猫に噛まれた!引っ掻かれた!どうするの!?危険な感染症と応急処置


どうも、管理人のネコ丸です。

 

「痛っ!またやられちゃった…放っておいても大丈夫か…」

猫を飼っていく上で避けられないのが噛み傷や引っかき傷。

僕も噛まれたことはあまりないですが、引っ掻かれたことはしょっちゅうでした。

 

この噛み傷や引っかき傷。

少し腫れたとしても、数日もすればあとも残らない程度まで完治することがほとんど。

でも、場合によってはとんでもない感染症を引き起こすこともありますよ。

 

猫に噛まれたり引っ掻かれたらどんな症状がでるんでしょうか?

また、ひどくならないための応急処置の方法は?

詳しく解説しますね。

猫から人間に感染する病気について、基本的なことをこちらでまとめています。
⇒ 猫から人間に病気がうつるって本当なの?症状と日頃の予防法


スポンサーリンク

猫に噛まれたり引っ掻かれると、こんなに危険!

質問者の男性
うちの猫、やんちゃ盛りで遊んでいるとよく噛んだり引っ掻いたりするんだよね
ネコ丸
今までなんともなかった?悪化するととんでもないことになるよ

 

猫の噛み傷や引っかき傷は、わりと小さくて目立ちませんよね。

痛みもそれほどないかと思います。

でもしばらくすると傷口周辺が腫れてきます。

多くの場合はここまで進行して、次第に治るんですが…

 

猫のつける傷は小さいんですけど、深くまで達している場合が多いです。

つまり、傷口が閉じても内部で細菌が増殖している可能性があるということ。

 

その結果、傷口周辺が水ぶくれのようにボコッと腫れ上がってきます

さらに進行すると…

  • 頭痛・発熱・関節痛
  • 食欲低下
  • 吐き気

…風邪のような症状ですが、勘違いしないようにしましょう。

 

重症化した場合はリンパ節が腫れてきます。

これは細菌に感染している証拠です。

リンパ節は耳の付け根や首筋、腋、鎖骨などにあります。

触って腫れていないか確認しましょう。

 

猫に噛まれたり引っ掻かれて感染する代表的な病気は、次の2つ。

 

一つはパスツレラ症

猫の口腔内のパスツレラ菌が引き起こす病気で、感染率が50%以上と言いますから、とても恐ろしいですね。

これの厄介なところは猫には無害というところ。

ひどくなると激痛から敗血症や骨髄炎にまで至ります。

噛まれるだけでなく、口移しなどでも感染するので要注意です!

 

二つ目は猫ひっかき病

こんな変な名前ですが、重症化すると麻痺や脊椎障害といった不自由な生活をおくる羽目になります。

バルトネラ菌という細菌が引き起こす病気で、こちらもパスツレラ症と同じく猫には無害です。

ノミが媒介する細菌と言われていて、ノミの付着率の高い野良猫に噛まれたり引っ掻かれるとかなり危険です。

 

健康な成人ならここまで重症化するのはまれでしょうが、免疫不全の人、高齢者や幼児は特に注意しましょう。

 

質問者の男性
うわっ!今までとくに治療らしい治療してなかったからゾッとするね…
ネコ丸
もし噛まれたり引っ掻かれたりしても、冷静に的確に対処すれば問題ないよ


スポンサーリンク

猫に噛まれたり引っ掻かれたりした場合の応急処置は?

質問者の男性
感染症の怖さはわかったけど、じゃあ傷を負ったときの応急処置はどうするんだろう?
ネコ丸
一般的な応急処置とそれほど変わらないよ

 

猫に噛まれたり引っ掻かれたら、すぐに次のように応急処置をほどこしましょう。

1.流水で洗い流す

絞り出すように念入りに。

細菌を外に洗い流すことが重要です。

2.消毒する

オキシドールなどを予め用意しておきましょう。

3.薬を塗る

殺菌・抗菌作用のある薬を塗っておきます。

市販の薬でオススメなのは…

  • ドルマイシン軟膏
  • マキロン
  • オロナイン軟膏

などですね。

もし、塗ったことで悪化するようなことがあれば、即中止して病院へ!

4.病院で診察

もし時間的に可能なら、病院で診察してもらった方が安心です。

噛み傷や引っかき傷の症状は、早ければ数時間で発症します。

腫れが進行したり倦怠感を感じるようなら、即刻病院に行きましょう!

 

質問者の男性
唾つけておけばいいってもんじゃないんだね
ネコ丸
唾にも殺菌作用はあるけど、やっぱりちゃんと処置したほうが安心だよ

まとめ

猫の噛み傷や引っかき傷は、甘く見てると痛い目に遭います。

痛い目に遭わないためには、やはり傷を負わないことが一番!

猫を刺激しないように、出来る限り安全な距離を保つように気を使いましょう。

そのためにも、普段からあなたの猫ちゃんのご機嫌を読み取る力を養いましょうね!


スポンサーリンク

お役に立ちましたか?

お役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。

今後も猫に関するお役立ち情報をお届けできますように頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログへ

みんなが知りたい猫のお悩み記事

★★第1位★★
猫をケージに入れるのはかわいそう?
必要な場合と嫌がる気持ち


★★第2位★★
猫がゴキブリを食べてる!病気は!?
食べたら危険な生物と寄生虫


★★第3位★★
猫だけの留守番って寂しいんじゃないの?
留守番の限界と注意点


★★第4位★★
猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?
簡単で失敗しないコツ


★★第5位★★
猫の下痢が治らない!対策はない!?
これで大丈夫!3つの対処法


★★第6位★★
猫の下痢が続いているの!原因は何!
考えられる5つの原因


★★第7位★★
飼いやすい猫の種類はどれなの?
飼いやすい猫の選び方5つの基準


★★第8位★★
猫の鳴き声で気持ちが解るの?
鳴き方から知る感情と種類いろいろ


★★第9位★★
猫が脱走して帰ってこないの!どうしよう!?
探し方の3つのコツ


★★第10位★★
猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?
必要な理由と上手なやり方


サブコンテンツ

このページの先頭へ