猫の飼い方ってどうするの?初めての猫の育て方5つの基本


どうも、管理人のネコ丸です。

 

「猫の正しい飼い方って、具体的にどうすればいいんだろう?」

初めて猫を飼う人はついつい猫を愛でることしか考えてなくて、ふと気づくとちゃんとした飼い方を知らなかったりします。

猫はぬいぐるみじゃなくて生き物ですから、飼っていると面倒なことや困ったことが度々あります。

その面倒なことや困ったことは覚えきれないくらい多岐にわたりますが、基本を押さえていればそれほど悩むことはありません。

 

猫の育て方の基本を5つにわけてご紹介します。

この5つの基本は猫の生涯にわたって続けていくものですから、必ず覚えておいてくださいね。


スポンサーリンク

猫の正しい飼い方5つの基本

質問者の男性
猫を飼い始めてしばらくたつけど、なんとなく飼っている感じなんだよな。正しい飼い方って具体的にどうすればいいんだろう?
ネコ丸
あげていけばキリがないけど、基本である5つをとりあえず覚えておこうよ

 

猫の正しい飼い方5つの基本は次のとおりです。

  1. しつけ
  2. 食事
  3. スキンシップ
  4. お手入れ
  5. 健康・病気

1.しつけ

猫は犬と違ってしつけをしにくいと言われますが、それでも最低限覚えておいてもらわないといけないことが2つあります。

  • トイレ
  • 爪とぎ

トイレは言うまでもありませんよね。

うんちやおしっこをちゃんと用意してあるトイレでやってもらいます。

そのためにはどうやってトイレでうんちやおしっこをさせるのか、どんなトイレが良いか、猫砂の選び方などを知っておきましょう。

⇒ 猫のトイレ、どうやってしつけるの?3ステップのしつけ方

⇒ 猫のトイレ、どれがいいの?厳選!おすすめ猫トイレ

⇒ 猫砂ってどれがいいの?厳選!素材別おすすめ猫砂

 

爪とぎは用意してある爪とぎ器でやってもらいます。

爪とぎのしつけをしないと、家中の壁や家具がボロボロになってしまいます。

どうやって爪とぎ器で爪とぎさせるのか、どんな爪とぎ器がいいのか、爪とぎ器は何個くらい必要なのかについて知っておきましょう。

⇒ 猫の爪とぎを止めさせられないの?壁を傷つけない対策としつけ

2.食事

猫にいつまでも健康で長生きしてもらうには、食事は基本中の基本です。

知っておきたいのは次の3つです。

  • 与え方
  • キャットフードの選び方
  • 食べさせてはいけないもの

与え方は、1日の量や回数、あげるタイミングです。

⇒ 猫が太っちゃった!餌のあげ過ぎが原因?最適な量と回数で健康に

キャットフードの選び方は、あなたの猫にあったキャットフードか、添加物などの有害なものが含まれていないかです。

⇒ キャットフード、どれがいい?ドライフードの選び方~5つの基本

どちらもあなたの猫の年齢や健康状態(肥満気味や毛玉をよく吐くなど)によって変えていきます。

 

食べさせてはいけないものは、人間が食べても大丈夫だけど、猫が食べると健康を害する恐れのあるものです。

例えば魚は猫が好きなイメージがありますが、食べさせすぎると「黄色脂肪症」という病気になります。

正しい処理をして食べさせすぎなければ問題はありません。

猫の命にもかかわる重要なことなので、必ず覚えておいてください。

⇒ 猫が食べてはダメなものって何?危険なものと注意すべきもの


スポンサーリンク

3.スキンシップ

スキンシップは飼い主であるあなたが癒やされるために重要なことですが、猫にとっても重要な事です。

スキンシップの方法は大きく分けて次の2つ。

  • 遊ぶ
  • 抱っこ、撫でる

遊ぶのは猫じゃらしなどおもちゃで遊んだり、キャットタワーなどでひとりで遊ばせたりすることです。

運動不足やストレスの解消になり、さらに飼い主との絆も深まります。

飽きさせない遊び方や遊ぶ時間について知っておきましょう。

⇒ 猫とどうやって遊ぶの?もう飽きさせない!上手に遊ぶ5つのコツ

 

抱っこや撫でるは、猫の気持ちいいところを触ってあげたり、一緒に過ごすことで絆を深めます。

触るついでにツボマッサージをしてあげると、猫の健康にもいいです。

触ると気持ちのいいところや嫌がるところ、正しい抱っこの仕方などを知っておきましょう。

⇒ 猫が気持ちいい撫で方とは?これでメロメロ!触り方5つのコツ

⇒ 猫が抱っこを嫌がるの!どうして?理由と抱っこ好きにする方法

猫 お腹撫でる

4.お手入れ

猫は自分で毛づくろいをしますが、自分では出来ないところを飼い主が変わってやってあげます。

猫のお手入れは次の4つです。

  • ブラッシング、コーミング
  • 爪切り
  • 歯磨き
  • 部分ケア(耳、目、鼻、口元、おしり)

やらずに放っておくと部屋を汚くしたり、猫が病気になったりします。

とくにブラッシングは重要で、抜け毛を少なくして、毛玉を吐くことを少なく出来ます。

飼い主の環境衛生のため、猫の健康のため、ぜひ4つのお手入れについて知っておきましょう。

 

ブラッシング

⇒ 猫にラバーブラシってどう使うの?効果的8ステップブラッシング

⇒ 長毛種の猫のブラッシングはどうするの?効果的10ステップコーミング方法

 

爪切り

⇒ 猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?簡単で失敗しないコツ

 

歯磨き

⇒ 猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?必要な理由と上手なやり方

 

部分ケア

⇒ 猫の耳掃除のやり方は?これが正解!正しい耳掃除方法

⇒ 猫の目やにが変なの!何かの病気!?目やにの原因と上手な取り方

⇒ 猫の鼻のお手入れってどうするの?侮れない!鼻で健康チェック!

⇒ 猫のあごに黒いブツブツが!これってニキビ?簡単な取り方と治療

⇒ 猫のお尻が汚い!拭いたほうがいいの?病気とお手入れ方法

5.健康・病気

猫は病気になってもギリギリまで気がつかない場合が多いです。

気付いた時には手遅れという場合もあります。

そうならないためにも普段からやっておくべきことをやっておきましょう。

猫の健康・病気のためにやっておくべきことは次の4つ。

  • 予防注射
  • 去勢・避妊手術
  • 健康管理
  • 動物病院を見つける

予防注射は感染症を防ぎます。

⇒ 室内飼いの猫にワクチン接種は必要?必要な理由とおすすめの時期

去勢・避妊手術は望まれない子猫を産めなくしたり、結果として長生きになります。

⇒ 猫の去勢・避妊はどうすればいいの?おすすめの時期と術後の変化

健康管理は体重や排泄物で異常を察知したり、お手入れで病気を事前に防ぎます。

⇒ 猫の健康管理ってどうするの?長生きの秘訣!3つの健康チェック

これら3つは病気予防という観点から、どうしてもやっておいてほしいものです。

 

動物病院を見つけるは、“良い動物病院”を見つけてホームドクターになってもらうことです。

猫が急にグッタリしてしまったら慌てるかと思いますが、良い動物病院を見つけて親しく付き合っていれば、任せても安心できます。

猫を飼う上で動物病院を頼ることは必ずありますので、いざという時に備えて“良い動物病院”を見つけておいてください。

⇒ 評判の良い動物病院はどうやって探す?これで安心!7つの選び方

 

質問者の男性
なるほど。こうやって整理すると何をやるべきかわかりやすいね
ネコ丸
もちろん他にもいろいろとあるんだけど、それは猫のことを考えて飼っていれば、自然と知りたくなってくるよ

まとめ

ご紹介した「猫の飼い方5つの基本」は猫が健康で長生きできると同時に、飼い主との関係を良好にすることも出来ます。

 

最初はやることが多すぎて大変だと思います。

でも数ヶ月も経つと当たり前のことになって、逆に楽しくなってきますよ。

 

猫の平均寿命は約15年です。

この短い猫ちゃんの一生を、あなたの手で幸せにしてあげてくださいね。


スポンサーリンク

お役に立ちましたか?

お役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。

今後も猫に関するお役立ち情報をお届けできますように頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログへ

みんなが知りたい猫のお悩み記事

★★第1位★★
猫をケージに入れるのはかわいそう?
必要な場合と嫌がる気持ち


★★第2位★★
猫がゴキブリを食べてる!病気は!?
食べたら危険な生物と寄生虫


★★第3位★★
猫だけの留守番って寂しいんじゃないの?
留守番の限界と注意点


★★第4位★★
猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?
簡単で失敗しないコツ


★★第5位★★
猫の下痢が治らない!対策はない!?
これで大丈夫!3つの対処法


★★第6位★★
猫の下痢が続いているの!原因は何!
考えられる5つの原因


★★第7位★★
飼いやすい猫の種類はどれなの?
飼いやすい猫の選び方5つの基準


★★第8位★★
猫の鳴き声で気持ちが解るの?
鳴き方から知る感情と種類いろいろ


★★第9位★★
猫が脱走して帰ってこないの!どうしよう!?
探し方の3つのコツ


★★第10位★★
猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?
必要な理由と上手なやり方


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(Japanese text only)

サブコンテンツ

このページの先頭へ