猫と犬、飼うならどっちがいいの?7つのメリット・デメリット


どうも、管理人のネコ丸です。

 

「猫が飼いたい。犬も飼いたい。でも、両方飼うのは無理だし…どっちがいいの!?」

わかります。

猫も犬も大好きな人にとって、どっちかを選ぶなんて、そんな酷なことはありませんよね。

両方飼えるならどんなにいいか…

猫と犬を一緒に飼うためのコツを、こちらで詳しく説明しています。もし、「両方飼いたい!」と言う人は参考にしてください。
⇒ 猫と犬、同居させるのは無理なの?一緒に飼うための3つのコツ

 

猫か犬か、どっちを飼うか選ばないといけないなら、あなたのライフスタイルや好みに合わせて選んでください。

猫と犬を飼っている人にしかわからない、7つのポイントでメリットとデメリットをあげてみます。

そのメリット・デメリットを参考にして、納得した上で選ぶようにしてくださいね。


スポンサーリンク

猫と犬を飼うメリットとデメリット

質問者の女性
猫も犬も好きなんだけど、どっちがいいか選べって言われると迷っちゃうよね
ネコ丸
気持ちはわかるけどね。飼ってみると猫と犬は結構違うことに気がつくはずだよ。7つのポイントについて、猫と犬それぞれのメリットとデメリットをあげてみるよ

 

猫と犬を飼うメリットとデメリットを、次の7つのポイントであげてみました。

  1. 性格
  2. 習性
  3. しつけ
  4. 鳴き声
  5. 留守番、お出かけ
  6. お手入れ、清潔さ
  7. 飼育費用

がメリット、×がデメリットです。

1.性格

 必要以上にベタベタしてこない

× 気まぐれ。構いすぎると怒る。

 人が好きで懐いてくれる。従順。

× ヤキモチを焼く。構ってあげないと不貞腐れる。

 

猫は適度に距離を置いて構ってあげるのがベスト。

犬はよくまとわりついてきますが、可愛がれば可愛がるほど懐いてくれます。

2.習性

 仕草がかわいい。寝ていることが多いので静か。

× 感情がわかりにくい。爪とぎで壁がボロボロになる。

 感情がわかりやすい。縄張りを守る(番犬)。

× マーキングをよくする(散歩中のおしっこ)。逃げると追いかける。

 

猫を撫でたりして可愛がる時は、猫の機嫌のいい時を狙うほうがいいです。

犬は縄張り意識が高いので、知らない人や動物が近づいたら攻撃的になります。

3.しつけ

 トイレをすぐ覚えるなど意外と賢い。

× しつけをしにくい。

 しつけをしやすい。

× おしっこ、うんちを我慢できる(散歩が必要)。

 

猫をしつけようとすると、根気が必要です。

犬はしつけるのが普通で、しつけないとわがままに育つこともあります。

4.鳴き声

 鳴くことはあるが、基本的に静か。

× 発情期の鳴き声はうるさい。

 誰かが来ると吠えて知らせてくれることも。

× 吠え始めると、とにかくうるさい。

 

猫は去勢・避妊手術をすれば、鳴き声に悩まされることはあまりないでしょう。

犬の無駄吠えを無くすのは難しいですが、不可能ではありません。

5.留守番、お出かけ

 2日程度の短期なら、猫だけでお留守番も可能。

× 家から離れるのを嫌がるので、ペットホテルに預けるのはストレスになる。

 散歩が大好き。一緒に旅行に連れていける。

× どんな悪天候だろうと、散歩には連れて行かないといけない。留守番は難しい。

 

猫は家につく、犬は人につくと言います。

猫は家の中を自分の縄張りだと思っているので、外出させるには苦労するでしょう。

犬は常に飼い主と一緒にいたがるので、留守番させるより連れていく方が犬にとって幸せです。

猫と犬

6.お手入れ、清潔さ

 自分で毛づくろいをするくらい綺麗好きなので、お手入れはあまり必要がない。

× 神経質なくらい綺麗好きな猫も。トイレが汚れているとトイレを使わない。

 汚れには無頓着。お手入れをしなくても、あまり気にしない。

× 自分で綺麗にしないので、洗ってあげないと臭い。大型犬だと洗うのが大変。

 

猫はお手入れを全くしなくてもいいわけではなく、ブラッシングや爪切りは必要です。

犬はシャンプー、ブラッシング、爪切り、全部やってあげた方がいいでしょう。

7.飼育費用

平均的な飼育費用は次のとおりです。

 
食費(月)5,000円10,000円
医療費(年)35,000円50,000円
生涯(15年間)140万円250万円

基本的に猫のほうが飼育費用が安くなりますが、飼い方によっては犬でも飼育費用を抑えられます(あまりおすすめできませんが…)。

 

質問者の女性
なるほど。こうやって較べてみると選びやすくなるね
ネコ丸
後は自分の環境に合わせて、メリットが多い方を選ぶといいよ。デメリットは受け入れるしかないけどね

こちらは、もし猫と犬が人間だとしたら…という動画です。動きを見ているだけでもよくわかりますよ(笑)
⇒ 猫友達 対 犬友達


スポンサーリンク

結論

質問者の女性
メリットとデメリットを見てきたけど、結局どうなんだろう?
ネコ丸
じゃあ、向き不向きで結論を述べてみようか

 

飼いやすさを優先するなら、断然「猫」ということになります。

散歩も不要でうるさくなく、お手入れも楽と楽さを求めるなら迷う必要はないでしょう。

 

ただ、あまり飼いやすさだけで選んでほしくはありません。

実際に飼ってから思ったより飼いにくかったと思い、捨てるような無責任な人が多いんです。

 

次に一人暮らしの場合ですが、これもやはり「猫」です。

留守番があるていど出来るのと、散歩が不要なのは猫の強みですね。

 

では、犬はどういった人に向いているんでしょう?

家族として迎え入れるなら、断然「犬」だと思います。

飼い主と常に一緒で、懐いてくれる犬の姿は何よりも変え難いものがあります。

その分お世話が大変ですが、犬を家族として扱っていれば、大変なんて感じないはずです。

 

対して猫は同居人として迎え入れる感じです。

気が向いた時に可愛がって、食事を欲しがったら餌をあげる、寝ている時はそっとしておく。

猫には基本的に自由にしてもらって、適度にかまってあげるのがいいですね。

 

質問者の女性
本当に愛情を持って迎え入れたいなら、犬のほうが応えてくれるんだね
ネコ丸
いずれを飼うにしても、最後まで責任をもって飼ってもらいたいもんだね

猫と犬の違いを勝負形式で比較してみました。興味がございましたら、読んでみてください。
⇒ 猫と犬、どれだけ違うの?猫vs犬 徹底比較10番勝負!~前編

まとめ

猫を飼うにしても、犬を飼うにしても、生半可な気持ちでは飼ってほしくはありません。

癒しというメリットを得ると同時に、様々なデメリットが待ち構えていることを忘れないで下さい。

でも、そんなデメリットも、愛情をもって飼っていれば楽しみの一つになるでしょう。

 

猫でも犬でも、あなたの愛情で幸せにしてあげてくださいね。


スポンサーリンク

お役に立ちましたか?

お役に立ちましたら、シェアしていただけると励みになります。

今後も猫に関するお役立ち情報をお届けできますように頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログへ

みんなが知りたい猫のお悩み記事

★★第1位★★
猫をケージに入れるのはかわいそう?
必要な場合と嫌がる気持ち


★★第2位★★
猫がゴキブリを食べてる!病気は!?
食べたら危険な生物と寄生虫


★★第3位★★
猫だけの留守番って寂しいんじゃないの?
留守番の限界と注意点


★★第4位★★
猫はどうして爪切りを嫌がって暴れるの?
簡単で失敗しないコツ


★★第5位★★
猫の下痢が治らない!対策はない!?
これで大丈夫!3つの対処法


★★第6位★★
猫の下痢が続いているの!原因は何!
考えられる5つの原因


★★第7位★★
飼いやすい猫の種類はどれなの?
飼いやすい猫の選び方5つの基準


★★第8位★★
猫の鳴き声で気持ちが解るの?
鳴き方から知る感情と種類いろいろ


★★第9位★★
猫が脱走して帰ってこないの!どうしよう!?
探し方の3つのコツ


★★第10位★★
猫が歯磨き嫌がるんだけど必要なの?
必要な理由と上手なやり方


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(Japanese text only)

サブコンテンツ

このページの先頭へ